あご

あごは、その人の見た目を決める重要な部位でもあって、あごの形によっては大きなコンプレックスに繋がることもあります。
あごのコンプレックスといえば、しゃくれていたり、二重あごだったり、あごが長すぎたりするようなものではないでしょうか。
これらの解消法について考えてみると、美容整形という方法はあるものの、多くの方はあごを削ったりする大掛かりな施術を思い浮かべているかもしれません。

しかし、あごの周囲の他の部分を盛り上がらせることによって、コンプレックスを目立たなくすることも可能で、ヒアルロン酸注入を利用すれば、削ったり、切ったりすることなく、あごの形をシェイプアップすることができてしまうのです。
ヒアルロン酸による輪郭矯正は多くの美容整形クリニックが取り入れている施術になって非常に一般的です。
日本人は、骨格的にあごが引っ込んでいるタイプの人が多いので、ヒアルロン酸を注入することで盛るような整形術は、ある意味では日本人に合致したものだといえるでしょう。

施術も数十分程度で、麻酔によって痛みもありませんので、気軽にプチ整形をする気分であごのシェイプアップが可能となっています。
その他の部位のヒアルロン酸注入と同じように永続的な効果が見込めるわけではなく、1〜3年程度で体内に吸収されなくなってしまいます。
しかし、施術時間数十分程度で即効性のあるシェイプアップ効果が得られるわけですから、削ったり、切ったりする美容整形はリスクが伴うのでやりたくない、という方々には十分なメリットとなるのではないでしょうか。

また、ヒアルロン酸による輪郭矯正はバリエーションに富む施術で、施術をする医師のスキルが十分ならば、患者の好みに合わせたの矯正が可能になっており、あごを細くシャープに整えるといったことも可能です。

上の動画からもあごへのヒアルロン酸注入の即効性がわかりますし、こちらの動画ではダウンタイムなどについても解説されています。

口コミ