ヒアルロン酸とコラーゲンの違い(成分・使い方)

ヒアルロン酸とコラーゲン(イメージ)

ヒアルロン酸とコラーゲンは、同じ美容成分として有名なので、一緒くたにして考えられることが多いです。

しかし、ヒアルロン酸とコラーゲンは、それぞれ全く違う成分ですし、人体に必要な成分であるという部分は共通しているものの、それぞれの役割も異なっています。

この2つの成分が混同されやすいのは、どちらも軟骨内に存在しており、共に関節の負担を和らげるためのクッションの働きをしているからではないでしょうか。

皮膚においても同じ場所に存在し、ヒアルロン酸もコラーゲンも肌の真皮と呼ばれる部分に存在しております。
この真皮層においては、コラーゲンは骨組みを作るための存在しており、ヒアルロン酸はその隙間を埋めるためのものなのです。
真皮層では、コラーゲンの繊維が網目状にびっしりと張り巡らされており、その隙間をヒアルロン酸が埋めて、水分などを保持しています。
次にそれぞれの成分の構造に触れていきますが、ヒアルロン酸はアミノ酸などを代表とする多糖類の一種として分類されており、コラーゲンはタンパク質類に分類され、ヒアルロン酸の有名な特徴である保水力もコラーゲンにはありません。

しかし、ヒアルロン酸は単独で体内に存在することができず、コラーゲンと結びつくことによって体内に存在することを許されています。
ヒアルロン酸とコラーゲンが一緒に存在する肌の真皮を例に見てみると、約70%がコラーゲンで占められており、その隙間にヒアルロン酸が存在しているのです。

このようにヒアルロン酸とコラーゲンは、それぞれ別々の特徴を持っていますが、関連性の非常に深い成分同士でもあって、どちらが欠けても肌にとってはマイナスの状態を引き起こしてしまいます。

口コミ