ヒアルロン酸と関節の痛み

みなさんの中に最近関節が痛んで気になるという方はいらっしゃいませんか。

こんな関節の痛みにもヒアルロン酸は密接に関係してきて、もしかするとその痛みは体内のヒアルロン酸が不足しているからかもしれません。
人間の関節の部分をよく確認してみると、骨と骨を繋ぐための軟骨が存在していることがわかります。

骨の端が弾力性のある切り餅上の物質によって覆われていることで、骨が可動する時かかる力を上手くしているのです。
この骨の端を覆う成分は、コラーゲンを主とするものなのですが、その周辺にはヒアルロン酸が存在しています。

このヒアルロン酸も緩衝材の役割を持っていて、関節が圧迫されると、関節軟骨の間にできる隙間に入り込み、関節面が接触しないようになっているのです。

これによって軟骨の表面が摩擦により磨り減るのを防いでくれていて、いうならば機械に使われるグリスやオイルのような存在なのです。
グリスやオイルが切れた機械は、柔軟な稼動ができなくなり、ヒアルロン酸が不足すると人体にこのような状態が再現されてしまうのです。
このようなことからも人間の活動にヒアルロン酸は必要不可欠なものであることがわかりますが、失われてしまった関節のヒアルロン酸を補うことができる施術も存在します。

それが、ヒアルロン酸の関節内注射で、こちらの治療は以前より行われていた歴史のある治療となっているのです。
注入されるヒアルロン酸は高分子ヒアルロン酸というもので、これによって関節痛を緩和したり、患部の炎症を抑えることができます。
他にも関節の動きを柔軟にしたり、軟骨の磨耗を軽減したりする効果もあって、関節が痛むということは体の中でどんどん軟骨が磨り減っているという状態で、今後はより症状が悪化していく可能性が高いのです。

だからこそ関節へのヒアルロン酸注入が重要で、痛みを取り去ると共に、これ以上症状を悪化させないための予防でもあります。
体の各部位で様々な働きをしているヒアルロン酸ですが、これを体外から取り入れようとするのは大変で、サプリメントや食事から吸収する方法だと、そのうちのわずかしか取り入れることができないのです。

だからこそ、ヒアルロン酸の関節内注射のような直接注入する方法が効果的で、ヒアルロン酸の特性を踏まえた効果の高い治療法といえるでしょう。

口コミ