ヒアルロン酸と目薬

ヒアルロン酸は、元々牛の眼球に含まれる成分として発見されたので、目とも深い関係を持っています。

私達の目の中でヒアルロン酸がどのような働きをしているかというと、目の潤いを保つための役割を担っています。
ヒアルロン酸はご存知のとおり高い保水力を持つ物質で、その保水力が目の潤いを保つのに役立っているというわけです。
具体的には涙を角膜の表面に繋ぎとめる効果があり、このことからヒアルロン酸にはドライアイの予防や改善効果があるのではないかと注目されているのです。

そして、そんなヒアルロン酸は目薬にも使われており、目の様々な症状の治療に用いられています。
ヒアルロン酸入りの目薬の効果ですが、ドライアイをはじめ、角結膜上皮障害の治療にも使われています。
眼科で処方されたものならば問題ありませんが、ヒアルロン酸入りの目薬は市販されているので、副作用などに注意する必要があるでしょう。
ヒアルロン酸入りの目薬の副作用としては、刺激感や接触性の皮膚炎などで、目薬を差して違和感を感じた場合は速やかに専門医に相談するべきです。

また、現代人の宿命ともいえるべき症状が眼精疲労ですが、ヒアルロン酸は眼精疲労にも効果的であることがわかっており、なぜならばヒアルロン酸には細胞を活性化させたり、組織の修復作用があるからです。

これらの目薬を利用するならば、何らかの異常を目に感じていることかと思われますので、まずは市販の目薬に手を伸ばされる前に、眼科医に相談してみてはいかがでしょうか。

眼科医に相談の上でならば、自らの症状に合ったヒアルロン酸の点眼液を紹介してもらえるはずです。
目は皮膚以上にデリケートな場所になりますので、いくら効果的で副作用の少ないヒアルロン酸を使うからといっても慎重になる必要があります。

口コミ