ヒアルロン酸の副作用

ヒアルロン酸の副作用(イメージ)

ヒアルロン酸は、美容やアンチエイジングとは切り離せない存在なので、美容整形などの分野ではどうしてもそのメリットばかり取り上げられてしまいます。

そんな時に疑問に感じるのが、ヒアルロン酸の副作用やリスク、利用の際の注意点などではないでしょうか。
ヒアルロン酸の副作用やリスクのひとつとして考えられるのがヒアルロン酸の注入で、これはヒアルロン酸そのものというよりも、注射針での皮膚への注入のリスクと考えるべきでしょう。

これらは美容整形の分野で、主にシワの改善をするために行われるものですが、特に目の周囲への注射は要注意です。
この部分は皮膚が弱い部分でもあり、ちょっとしたダメージがリスクに繋がるので、例えより細く改良された注射針を使ったとしても、施術の際には細心の注意が必要になってきます。

例えば、ヒアルロン酸の注入で、誤って血管に注入してしまうようなことがあれば、皮膚の末端にまで血液が運ばれなくなり、最悪の場合その部分の皮膚が壊死してしまうということも考えられるのです。

このような状況は完全にミスといえるものですが、元々体の中に存在するヒアルロン酸を注入するといっても、このようなリスクが付き纏いますので、細心の注意を払いながら施術をすることが必要ですし、患者側もそのようなクリニックを選ぶことが重要になってきます。
ヒアルロン酸の失敗例として多いのが、過剰に注入してしまうケースで、このようなケースのアフターケアとしてヒアルロン酸を溶かす薬剤を用いた治療もあるのですが、それは純度の高いヒアルロン酸を注入していた場合で、注入するヒアルロン酸の中には余計な成分を混ぜていることもありえますので、そのような場合は十分なアフターケアができない可能性もあるのです。

また、ヒアルロン酸注入の事故事例について確認してみると、失明するまでになってしまったケースもあって、これはヒアルロン酸の注入によって、目の周囲に血液を送り込む血管が塞いでしまったがために発生した事故です。

ヒアルロン酸は、体内に元々存在するものなので、純度の高いものならばコラーゲンの注入に見られるようなアレルギーの心配はありませんが、どんなに安全な成分であっても、扱う側の認識やスキルが足りなければ、トラブルに発展することも有り得るのを忘れてはなりません。
本来ならば扱う側が完全に制御する部分なのですが、このようなミスで一生を棒に振ってしまう可能性もありえますので、やはりヒアルロン酸注入などを受ける場合はしっかりとしたクリニック比較が重要になってくるでしょう。

口コミ