頬のたるみ

ほうれい線やマリオネットラインなどのように明確な呼び名はないものの、頬のたるみも老化の始まりとして女性におそれられています。
進んだ頬のたるみは、著しく見た目の年齢を高めてしまい、ブルドッグ顔などと呼ばれてしまう可能性もあるのです。

ペットとして飼うブルドッグは可愛らしいものですが、加齢によってあらわれる頬のたるみは、チャーミングなブルドッグとは全くの別物になってしまいます。

頬のたるみの原因について調べてみると、やはり真皮層のコラーゲンやエラスチン、そしてヒアルロン酸が不足していることにより発生するもので、これらの成分が不足してくると、肌の弾力を保てなくなり、さらに加齢により肌を支える筋肉までが衰えてしまうのです。
また、意外な原因も発見されているようで、それがパソコン作業をはじめとしたデスクワークです。

デスクワークをしていると、どうしても猫背になりがちで、猫背の状態を続けることによって、頬に常に下方向への力が加わってしまうのです。

これによって加齢による頬のたるみが加速してしまうことになりますので、パソコン作業が多くなった現代人はより頬のたるみに気を配る必要があります。

そして、これらのたるみを改善するためにはヒアルロン酸が効果的で、こちらもヒアルロン酸を注入することによって、足りなくなったヒアルロン酸を補おうというものです。

頬のたるみへのヒアルロン酸注入は、リフトアップ効果に加えて、ハリやツヤを付加する美肌効果も確認されており、飲んで少しずつ浸透させるサプリメントなどにはない即効性を備えた施術になります。

体内に注入されたヒアルロン酸は、長い時間をかけてゆっくりと体内に吸収されていきますので、永続性には乏しい施術なり、およそ半年程度で再補充が必要になってくるのです。

その点を除けば、施術時間も数十分と短いものですし、ダウンタイムもわずかな腫れが見受けられる程度で、生活に支障をきたすようなものではありません。

施術中の痛みについても、麻酔を使うことによって感じなくできるので、美容整形の中でも患者の負担が少ないハードルの低い施術といえるでしょう。

口コミ